不動産購入の注意点と知識、予算と支払計画、困ったらプロに相談

不動産購入の注意点と知識、予算と支払計画、困ったらプロに相談

不動産の購入はひじょうに大きな買い物です。そのため、購入を決めてしまってから後悔することのないよう、事前に不動産や不動産取引について学習しておくことは、自分の実を守ることにつながります。また、ある程度の知識を身につけることは、良い物件を見つけることだけではなく、良い不動産屋さんを見極めることにもつながるでしょう。
 

不動産のほとんどは仲介物件

不動産屋さんのホームページや店頭では、多くの物件が紹介されています。これらの物件、不動産屋さんの持ち物だと思っている方もいるようです。確かに不動産会社が所有している物件もありますが、不動産会社で売り出されている物件のほとんどは「仲介物件」といって、所有者の依頼により不動産会社がお客様に紹介している物件です。
 
  • 仲介物件は1社独占ではない
たった今、ご紹介した通り、ほとんどの不動産は、その持ち主に依頼されて不動産業者がお客様にご紹介している物です。仲介物件は、その物件を紹介してくれた業者が独占しているわけではなく、他の不動産業者を通して買うことも可能です。
 
インターネットで物件を探していると、複数の不動産業者が、明らかに同じ建物と思われる物件を紹介していることがあります。また、不動産会社同士が、その不動産の売買について交渉します。そのため、別の不動産業者で紹介された物件であっても、他の不動産業者を通して買えないということはありません。
 
また、不動産業者が販売を仲介すると、仲介手数料がかかりますが、たとえ複数の不動産業者が関わったとしても、仲介手数料がよけいにかかることはありません。仲介手数料のパーセンテージは常に変わらないのです。
 
  • 不動産は自分で探すという方へ
不動産業者では、店頭やインターネット、フリーペーパーなど、さまざまな形で物件の広告を出しています。一見、その不動産業者で扱っている物件はそれだけなのかと思ってしまいますが、実は違います。広告物件は、不動産業者で取り扱っている物件のごく一部です。広告物件以外にも、多くの販売物件を取り扱っています。
 
不動産の購入には多額のお金がかかります。自分で住む場合でも、収益物件として手に入れる場合でも、自分の考えだけに頼らず、不動産の専門家の意見を聞くことは、後々に後悔しないためにとても重要です。
 
自らの好みで物件を選びたい方もいます。しかし、人間の生活スタイルは変化します。今は、この物件で良くても、10年後の収入、家族の状況なども必ず考慮に入れなければ、本当の物件探しとは言えません。
 
不動産業者のスタッフは、あの手この手を使って物件を販売するセールススタッフではありません。不動産業者のスタッフは、仲介物件をよく知ると同時に、メリットやデメリットなども含め、不動産売買のすべてを知り尽くしたアドバイザーです。販売することは、もちろんスタッフの仕事のひとつですが、不動産業者のスタッフは、不動産について相談できるプロフェッショナルだと考えてください。
 
不動産を購入することは、多額のお金がかかるので、慎重に慎重を期す必要があります。物件を選ぶことはともかくとして、支払いのプラン、交渉事や手続きなど、未知の作業が待ち構えています。不動産業者のスタッフは、すべてを知り尽くしていますので、不安があっても、その都度相談することで乗り越えられます。相談するだけならお金もかかりません。

京都の投資物件・中古マンションなら株式会社エリッツ不動産販売